1. Web-Knight[ウェブナイト]トップ
  2. サイト運営
  3. ホームページ制作の流れ〜4つのフェーズで解説〜
サイト運営
ワークフロー図

ホームページ制作の流れ〜4つのフェーズで解説〜

サイト運営

あなたがホームページを作成、またはリニューアルするとき、自分で行うか、または制作会社かフリーランスに委託することになります。

本記事では制作会社とのサイト制作の進め方を記述しました。制作会社、フリーランスへの委託をお考えの方のご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ホームページ制作の流れを4フェーズで解説

サイト制作は大きく4つのフェーズに分けられます。契約、制作、公開、運用です。以下からひとつずつ見ていきます。

フェーズ1:契約

まずはご契約までの流れです。

  • お問い合わせ
  • ヒアリング
  • お見積り
  • ご契約

一般的には、クライアントが制作会社のホームページからお問い合わせをすると、その内容に沿ってヒアリングが始まります。名刺から直接電話することもあるでしょう。

ヒアリング内容から見積りを行い、クライアントがご納得出来れば契約です。このヒアリングがサイト制作の重要なカギを握っています。

フェーズ2:制作

サイト制作フェーズです。

  • サイト設計
  • デザイン
  • コーティング

サイト構成やデザインなど、具体的な中身を確認しながら決定します。仕様書やワイヤフレームを作成します。

制作側はデザインしてコーディング、ワードプレスの場合は導入・設定を行います。形が出来上がるとワクワクしますね。

フェーズ3:公開

クライアントの最終確認からサイト公開までの流れです。

  • 検収
  • 修正
  • サイト公開

検収とはクライアントの確認作業です。 不足があれば制作側に伝えて修正してもらいましょう。確認が完了したら晴れてサイト公開です!

フェーズ4:運用

保守運用フェーズです。

サイト更新からサーバドメイン管理、セキュリティアップデート、アクセス解析など多岐にわたります。

クライアントと制作側でどちらが受け持つのか、制作の段階から決めておきましょう。

留意すべき点

支払いのタイミング

何が終わったら支払いなのか、契約段階で前金が必要かなど、支払いのタイミングに注意しましょう。

サイト公開のタイミング

サイト公開前に検収可能かどうか、検収の結果がOKとなる条件などを確認しましょう。検収のお知らせから1週間以内と契約書に書かれている場合があります。

運用はどうするのか

どちらがサイト更新するのか、サーバドメイン管理、セキュリティアップデートなどの担当を明確にしましょう。

おわりに

こんなはずじゃなかった、知らなかったとなる前に、流れと確認ポイントを理解して、お互い気持ち良くやり取りしましょう。

ウェブサイトのサイト制作も上記の流れに沿って作成しています。サイト運営にお困りでしたらぜひ一度お問合せください。