1. Web-Knight[ウェブナイト]トップ
  2. サイト運営
  3. ホームページ、5つの流入経路を攻略してアクセスUP!依存は危険です
サイト運営

ホームページ、5つの流入経路を攻略してアクセスUP!依存は危険です

サイト運営

「どうやったらアクセスが増えるんだろう?」

今回はこんな悩みについてお答えします。

現状を把握する必要性や、ユーザがアクセスしてくる5つの流入経路をご紹介します!

スポンサーリンク

ユーザの流入経路を把握しましょう

結論からお話しすると、ユーザがどのようにして、あなたのホームページに訪問するのかを把握することです。

あなたがホームページを作成するなら、どのようにユーザを集めるのか、流入経路を決めましょう。

すでにホームページを運営しているなら、どのようにユーザがアクセスしてくるのか流入経路を把握しましょう。

流入経路を意識しないとユーザを集められない

なぜ流入経路を把握する必要があるのでしょうか?

集客の場合、流入経路を意識しないとユーザを集められないからです。

以下のようにPDCAが回せず、改善することが出来ません。

  • 目標が立てられない
  • どこから何人のアクセスが来ているか確認できない
  • 運営において次のアクションが起こせない

作成しただけではアクセスは来ないのです。

5つの流入経路を攻略する

ユーザの流入経路は主に5つあり、それぞれ即時性、効果性を交えて解説します。

流入経路①:Google検索結果

ユーザがGoogleのテキストボックスにキーワードを入れて検索。表示された検索結果から、あなたのホームページに訪問する経路です。

検索結果に表示されるまで3~6ヶ月程度かかると言われています。さらに上位表示されるために、毎日記事を更新する必要があります。

一度アクセスが来始めれば、Googleアルゴリズムアップデートがない限りは安定的にアクセスが集まります。

また、検索結果からのユーザは、悩みや疑問を解決するために、自ら検索して来ているので、売上効果はてきめんです。

流入経路②:SNS

Twitter、Facebook、YouTubeなどのSNSから、あなたのホームページにアクセスする経路です。

あなたのSNSアカウントでホームページを紹介し、興味を持ったフォロワーがリンク経由で訪問します。

SNS経由には以下の特徴があります。

  • フォロワー増えれば即時性高い
  • バズると瞬間的にアクセスが跳ね上がる
  • タイムラインで流れるためアクセスは一時的

流入経路③:広告

リスティングやSNS広告から訪問してくる経路です。

以下の特徴があり商品サービスに魅力あることが必須です。

  • 即時性は高いが費用がかさむ
  • 費用のわりには売上に繋がらないことも
  • 広告は期間限定

流入経路④:外部リンクされる

まとめサイトや、他のブログから外部リンクを貼ってもらい、そのからユーザが流れる経路です。

ただし、この経路は「結果的にリンクされた」という結果論なので、自分で制御することは出来ません。

リンクされやすい記事を書くか、ユーザの役に立つ良いコンテンツを提供し続けるしかありません。

流入経路⑤:直アクセス

ブックマーク、URL直打ち、QRコードなどから、ユーザが直接ホームページにアクセスする経路。

成果はオフラインでの営業次第と言えます。

一度ファンになってくれれば、ブックマーク経由で訪問してくれるでしょう。

流入経路の依存は危険です

ホームページへの流入経路がひとつだけなら、複数に増やしましょう。

例えば、流入経路がGoogle検索結果に偏っている場合、アルゴリズムアップデートで順位が変動すると、アクセスが無くなってしまいます。

ひとつの経路に依存している状態は危険です。

最近は、Google検索結果とSNSでリスク分散するのが主流です。

流入経路によってユーザの質が違う

とにかくアクセスを流せばいいのか?というと、そうではありません。

流入経路によって、ユーザの質(あなたの商品サービスに興味を持っているか)が変わります。

時間が無い場合は、広告を撃つのが手取り早いですが、ユーザの質が高いのは検索結果からでしょう。

表示された広告をたまたま見つけてクリックしたユーザと、自らキーワードで検索してやって来たユーザでは、その後のアクション(購買意欲)が違います。

まとめ:まずは流入経路の把握から

まとめです。まずはそれぞれの流入経路の長所と短所を把握しましょう。

流入経路がひとつなら、複数に増やしましょう。

集客はPDCA回して、アクセス向上の対策を打ち続けるしかありません。