1. Web-Knight[ウェブナイト]トップ
  2. SEO
  3. 知らないと致命的。Googleに評価されるドメインの「質」
SEO
知らないと致命的。Googleに評価されるドメインの「質」

知らないと致命的。Googleに評価されるドメインの「質」

SEO

ドメインパワーがあるサイトは上位表示しやすい

一見すると同じボリュウムのコンテンツなのに検索結果に上位にきているサイトや、かなり古いサイトで特になんの変哲もないサイトが上位にきているのを見かけたことはないでしょうか?

これはwebサイトのドメインにSEO上の評価が存在していることが原因で、「ドメインパワー」や「ドメインオーソリティー」などと呼ばれています。

ドメインパワーが強いサイトは検索結果で上位に表示されやすく、たとえばyahooなどの巨大サイトを母体としている知恵袋などのページは上位に表示されやすい傾向があります。

また、ドメインが使用された期間が長いほど「ドメインパワー」が強くなる傾向があるので、古いサイトが時折上位に表示されているのを見かけます。このドメインの使用されている期間を人間になぞらえてドメインエイジと呼ばれています。

この「ドメインパワー」「ドメインオーソリティー」なるものは、下記のサイトで観ることができるので、気になる方は観てみてください。

スポンサーリンク

どうしたらドメインパワーが上がるのか?

母体となる圧倒的なサイトやドメインの使用期間の長さは別として、ではどうやってドメインパワーを強めたらよいのか。

そのための方法は2つあります。

外部サイトから参照されやすい記事をふやす

外部のサイトからのリンクを得ることでそのページの「ドメインパワー」は蓄積されていきます。

ただし、どんな外部サイトからでも良いというわけではなく、ドメインパワーのあるサイトや関連性の高いサイトからのリンクがあることによって蓄積されていきます。

またフェイスブックやツイッターなどのSNSからのリンクはどうなのかという質問がよくあるのですが、直接的にはドメインパワーを向上することにはなりません。

しかし、フェイスブックやツイッターなどを通じて他のサイトからのリンクが増えていく可能性があるため間接的にはSNSも効果があるという認識でOKです。

検索エンジンからの継続的なアクセスのある記事をふやす

継続的な検索エンジンからのアクセスを増やすためにドメインパワーを上げるには、、、というそもそもの話だったのですが、あえて説明します。

検索エンジンからのアクセスの多いページを増やしていくことで「ドメインパワー」が上昇していきます。

そしてここで重要なのが、「ページをただ量産すればドメインパワーが上がるわけではない」とうことです。

要するに検索されることのないような質の低いページをいくら作ったとしても、ドメインの評価にはつながりませんよ、、ということになります。

ではどうしたら良いかというと、検索されやすいキーワードにそったテーマで1000文字以上のあるページを作成するという方法が王道です。

他の方法としては、逆にニッチなキーワードで確実に上位をとってアクセスのあるページを増やしていくとう方法でもドメインパワーは上昇していきます。

あまり知られていないような用語の説明などのページを数多く作成するというような具合です。

いかがでしょうか?
今回はGoogleに評価されるドメインの「質」という部分についてサラッと理解してもらえたらという意味で記事を書きました。

どういうサイトがドメインの質を向上させるのか、少しでも理解してもらえたら幸いです。