1. Web-Knight[ウェブナイト]トップ
  2. ウェブマーケティング
  3. ECのコンバージョン改善はこれ!迷うポイントを残さない
ウェブマーケティング
ECのコンバージョン改善はこれ!迷うポイントを残さない

ECのコンバージョン改善はこれ!迷うポイントを残さない

サイトから直に売り上げが立つタイプの「ECサイト」は、コンバージョン(商品購入)が直接経営に影響します。そのため、他のタイプのサイトよりもいかにユーザーを取りこぼさないようにするかがとても重要です。

例えば、あなたがティーシャツのショッピングサイトに訪れ、お気に入りの商品を購入しようとします。その時、ほとんどの人がこう思うはずです。

「あ、送料はいくらだろう?」

もしその時にあなたが見ている画面に「送料」がどこにも掲載されていないとなると、そのサイトは接客失格です。

多分あなたは少しイライラして他のサイトに同じ商品がないか、またはもっと大きなECサイトに似たような商品がないかさがし始める可能性が高いでしょう。

せっかく盛り上がったユーザーのモチベーション(購買意欲)を下げないために、どんな準備が必要なのか。ここを抑えてコンバージョンのUPを図ることがとても大切です。

スポンサーリンク

ユーザーが気になることは全部解決しておく

よくあるネット通販であれば、購入するタイミングで下記のような項目が自然と気になるはずです。

  • 支払い方法
  • 支払い手数料
  • 送料
  • 発送方法
  • 納期
  • ラッピング
  • 領収書の発行方法
  • ポイントは使えるか

上記のように、購入する商品の情報の他にもユーザーが知りたい情報というのは沢山あります。

また、特に初めて購入しようとするユーザーにとっては「ここで買って本当に大丈夫かな」といった不安要素が少なからずあります。そしてそういった要素はユーザーの行動をストップさせ、せっかくの機会が失われてしまいます。

そのためにも一つ重要なこととして、過去にあったお問い合わせはまとめてQ&A形式で表示しておきましょう。そうすれば、次に訪れる同じ疑問を持ったユーザーにとっても、さらに親切なサイトと思ってくれます。

 実際の店頭と同じように接客する

一つの商品に何種もバリエーション(サイズや色など)がある場合は、「オススメ商品」と掲載してユーザーが迷って離脱してしまわないような防止が必要です。

実際のお店でも店員さんがあれこれ薦めるよりも、一押しをオススメしてくることが多いですよね。

ユーザーが購入しようかどうしようか迷うのは当たり前で、「どうしたらユーザーの迷いがなくなるのか」を追求していくことでよりコンバージョンにつながるECサイトに成長します。

なので、ネット上だからこそ実際の店舗での接客を意識したサイト作りを心掛けることが重要です。みなさんも頭の片隅に「ユーザーの迷い」を取り除いてあげる意識を持っておけば、きっとうまくECサイトを運営できます。