1. Web-Knight[ウェブナイト]トップ
  2. UI/UX・デザイン
  3. webサイトで正しい英語表記を使えないと、とってもダサい!
UI/UX・デザイン
webサイトで正しい英語表記を使えないととってもダサい!

webサイトで正しい英語表記を使えないと、とってもダサい!

サイトのデザインを格好よくしたり、オシャレにする目的で英語表記を混ぜたりすることって、結構あると思います。

ホームページ制作を依頼し、デザインをご覧になって「カッコイイ!」「オシャレ!」なんて感動した経験をなさったサイトオーナー様も多いことでしょう。

しかしながら、ちょっと待ってください。

webサイトで使用されている英語表記が実は実際の意味合いからズレていたらどうでしょうか? ちょっと格好悪いですよね笑
でも意外とそういうケースってあります。

英語が苦手な制作ディレクターやデザイナーなどが制作に関わっていたら、直訳でただ英単語を並べてしまうといったことが残念ながら起きてしまいます。

彼らも時間に追われているため、さっと調べてデザインに落とし込んでしまうことがあるんです。

そこで今回はよく使用される英語表現をまとめて見ました。ここで確認してあなたのサイトが間違っていないか、また制作者であれば一度確認してみてください。

また、別の表現候補もあげて見たので、ほかのサイトとはちょっと差別化したといった場合にも参考にどうぞ。

スポンサーリンク

コンテンツでよく使われる英語表現

トップページへ
top / page top

まだ多くのサイトでトップページへのんリンクは「HOME」という表現を使っていますが、「top」という表現を使う傾向が増えてきています。

新着情報
News / Latest information / What’s New / New arrivals / notice

「News」 は一番よく使われる表現ですが、そのほかにも使える表現もあります。

初めての方へ
For beginner / For new customer / For guest / For visitor

「装飾的な役割」として英語表現を使うならどれを使用してもいいと思います。ただ、日本人であれば「beginner」などの単語がピンとくるかもしれません。

キャンペーン
discount / sale / limited time offer

この単語は要注意です。日本人はキャンペーンを「campaign」とそのまま表記してしまいますが、英語圏の人からすると意味が伝わらないようです。

取り扱い商品
Products / Our products / Goods

この単語は複数形で使うことが一般的です。なぜなら普通は扱う商品は複数あるはずだからです。

実績
Works

建築物やwebサイト、広告など提供するサービスが「作品」である場合に使用します。

事例
Cases / Case example

サービスや商品を提供した結果、解決した事柄などを表現する場合に使用します。

よくある質問
FAQ / Q&A

「FAQ」はFrequently Asked Questionsの略です。

会社情報
Company / Company info / Company profile / Corporate Info

Companyはよく使われているので、ちょっとアレンジしたい場合はCompany profileとかでもいいかもしれません。

お問い合わせ
Inquiry / Contact us / Contact

「Inquiry」だけだと日本人はちょっとピンとこないかもしれないですね。サイトを利用するユーザーを考えて単語を選びましょう。

料金
Price / Fee / Charge /Admission

一般的にはPriceが無難ですが、Feeはサービスに対して支払われる料金全般を指しています。また、FeeとChargeはほとんど同じ意味合いですが、Feeの方がやや専門性が高いサービスに対して使われるようです。
Admissionは「入場料」や「入館料」などに使う英語表記ですが日本人はちょっとピンとこないかもしれません。

事業内容
Services / Our services / Our business / Projects

「Services」が一番ポピュラーです。

強み・特徴
The feature /strength /advantage of ○○

いくつか複数の強みがある場合は「The three feature of~」とします

○○が選ばれる理由
The reason why ○○ is chosen

そのほかによく使われる言葉の英語表記

下記はそこまで間違うことはなさそうな単語と使用頻度は比較的少ないですが、いざとなると出てこない英語表記です。

無料相談
Free consultation

見積もりの無料相談などで英語表現を使用したい場合はこれば無難です。

無料見積もり
Free Estimate
無求人情報
Recruit / Recruitment
アーカイブ
Archive

過去記事などをまとめて一覧化したコンテンツの見出しとして使われますが、英語サイトでも同様に使う事ができます。

メンテナンス中
Under construction

メンテナンス中のページに使われる言葉で、英語サイトで使用しても問題ありません。

準備中
Coming soon

公開間近を控えているコンテンツについて使用できます。
近日公開予定といった意味合いなので、あまり長く掲載しておくとNGかもしれません。できれば公開日の記載を添えてあげてください。

英語表記を見直してより最適化を

いかがでしょうか?
こうしてみると意外にも沢山の英語表記があることがお分かりいただけたと思います。

一つ注意していただきたいことが、必ずしも正しい英語表現が日本人ユーザーにとってベストというわけではありません。

なぜなら、和製英語に慣れてしまっている日本人にとっては「間違った表記」の方が意味が伝わることがあるからです。

サイトのターゲットするユーザー層を考慮しつつ、使用する英単語が「コンテンツを伝える役割」なのか「装飾的な役割」なのかを軸に単語を選びましょう。

余談ですが、「ホームページ」は和製英語です。
日本では、インターネット上で公開しているページ全般を指す語として定着していますが、英語圏の人には伝わらないんですね。

彼らに「ホームページ」を伝えるなら、「website」(ウェブサイト)です。