1. Web-Knight[ウェブナイト]トップ
  2. SEO
  3. Googleから学ぶ評価されるコンテンツ「6つのツボ」
SEO
Googleから学ぶ評価されるコンテンツ「6つのツボ」

Googleから学ぶ評価されるコンテンツ「6つのツボ」

SEO

SEOを少しでも気にされているビジネスオーナー様は、何度も「コンテンツが重要」「小手先のテクニックはもう通用しなくなっている」といった話は耳にしていると思います。

それは私の経験上を踏まえてもほぼその通りで、間違いありません。

一部はドメインパワーが強くて上位表示されているサイトがありますが、放置されていたり、内容の濃い後発のサイトが出現すれば安定した順位は保てなくなるでしょう。

ですが、「コンテンツが重要なのはわかるけど、なんだか掴めない…」
そう感じる方は結構多いはずです。

そんな悩めるビジネスオーナー様のために、今回はGoogleの「経営理念」をもとに、評価されるコンテンツとは何か、私も改めて気づかされた「6つのツボ」をご紹介します。

スポンサーリンク

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる

みなさんは「Googleが掲げる10の事実」というものをご存知でしょうか?なんだか意味深ですよね笑

これはGoogleの「経営理念」で、秘かに掲載されています笑

Googleが掲げる10の事実

この事実の中の1番目の項目からGoogleのサイト運営に対する姿勢がうかがえます。

「1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみなあとからついてくる
Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。
新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。
Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。
金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。
広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。
新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。」

上記を読み取ると、たしかにGoogleのトップページは非常にシンプルで「広告」が一切見当たりません。

収益を第一と考えずに「検索するユーザー」を第一に考えていることがわかります。

また、この理念の通り、検索結果では広告であるリンクはしっかりと「広告」と表記しているのはみなさんにとっても周知の事実ですよね。

一般的には広告は大事な収益となるので、クリックされやすい形(広告と明記しない)が良いのではと考えてしまいますが、Googleがそこまでしてユーザーを第一に考えるのはなぜでしょうか?

そこには「ユーザーが集まるサイトを運営する」ということがどういうことなのかを根底から理解できる背景があります。

広告収益を得るためにユーザー目線を追求する

Googleがなによりもまずユーザーを第一に考える理由として、下記のようなロジックが背景にあります。

Googleが便利になればなるほど、Googleを使うユーザーが増える

検索結果に表示される広告が、 より多くのユーザーの目に触れる

広告をクリックするユーザーも増える

最終的にGoogleの広告収益が増える

上記の流れを見ればわかるように、ユーザーの利便性を追求することで、Googleの収益は上がるのです。

こうしたロジックがあるからこそ、Googleはより良い検索結果が表示されるように毎日アルゴリズムを調整・更新しています。

もちろん、「より良い検索結果」とは、ユーザーにとって有益な情報を載せているサイトが一覧化されたページです。

こうしてみるとGoogleでの検索結果の上位を目指すには、ユーザーにとって利益のあるコンテンツを用意したサイトを運営することがいかに重要か理解できると思います。

ユーザーにとって利益のあるコンテンツとは

ここでユーザーにとって利益のあるコンテンツについて、利益を「利便性」という言葉で置き換えて考えていきます。

まず、ユーザーにとって利便性のあるサイトを考える前に忘れてはならない重要な事実があります。

それは、

ユーザーは検索したいわけではなく、自分の悩みや質問に関する答えがほしいだけ」。

ということです。

いいですか? これ、めちゃめちゃ重要です。

たとえば、もしあなたが職場にいるとき、急に歯が痛くなったとします。
そのとき周りに聞ける人がいれば、その人に近くの歯医者や評判を聞くはずです。

ですが、そういった人がいなかったり、聞きずらい環境におかれていたりすると、「仕方なく」検索エンジンを頼ることになります。
こうしたケースが非常に多いということを頭にいれておいてください。

そしてこのようなケースを加味してどういうコンテンツが良いのかを「6つのツボ」としてあげたいと思います。

  1. 検索ユーザーが今まさに抱えている「悩み」や「疑問点」に対して、「的確な答え」を返しているコンテンツ
  2. 検索ユーザーが抱えていると思われる「悩み」や「疑問点」を網羅的に取り上げ、「先回り」して答えを返しているコンテンツ
  3. 他のサイトと同じ情報を扱っていても、どこよりも素早く答えがわかるコンテンツ
  4. ほかのサイトと同じ情報を扱っていても、どこよりも見やすい、わかりやすいコンテンツ
  5. ほかのサイトと同じ情報を扱っていても、どこよりも信頼できるコンテンツ
  6. どこよりも情報が新しいコンテンツ

上記の6つのツボを抑えれば、ユーザーにとって「利便性の高いコンテンツ」を間違いなく作れます。

これらのツボを押さえたコンテンツが検索上位に来ているということも実際に目で確認していただけてもわかると思います。

そしてこれらのツボはユーザーの「検索意図にしっかりと応える」という共通の特徴を持っています。

今回はその検索意図を探る内容は省きますが、上記のツボを抑えたコンテンツを構築することで、確実にあなたのサイトはGoogleからもユーザーからも評価を受けることになるでしょう。