1. Web-Knight[ウェブナイト]トップ
  2. ウェブマーケティング
  3. ホームページにアクセスが来ない3大問題は、放置…他責…不要…
ウェブマーケティング

ホームページにアクセスが来ない3大問題は、放置…他責…不要…

「せっかくホームページを作成したのにアクセスが来ない」

「制作会社に高いお金を払ったのにお問い合わせが来ない」

これらは誰もがハマるホームページの落とし穴です。
本記事では、アクセスが来ない3つの問題点と解決策についてお話しします。

スポンサーリンク

問題点1:作って終わりにしてしまう

あなたはホームページ作成後、ほったらかしにしていませんか?

「えっ、作ればある程度見てもらえるのでは?」

多くのホームページ所有者が、このような認識をしています。

作るだけでは無人島の状態であり、ユーザが勝手に来ることはありません。

ユーザの流入経路は「Google検索結果」、「SNS」、「広告」、「外部リンク」、「URLから直接」があり、検索結果からの流入を狙うなら、SEO対策や毎日更新する必要があります。

確かに90年代は、ホームページがあるだけでスゴイと見られることもあったでしょう。

でも今は違います。

ホームページは持っていて当たり前の時代であり、そこからコンテンツを揃え、ユーザに見てもらう工夫が必要です。

問題点2:製作者とクライアントにギャップがあるから

クライアントでよくあるのが、制作会社がすべてやってくれるという思い込み。

しかし、制作会社は作ることまでが仕事であり、ユーザが増えるよう、よしなにフォローしてくれることはありません。

ホームページはビジネスツールであり、ツールを使いこなすのはクライアント自身です。アクセス改善にはこの意識が必要です。

もしアクセスを増やすなどの運用も希望する場合は、制作会社のマーケティングやコンサルサービスを利用する必要があります。

最近ではマーケティングも行える企業が提要する有料CMSが増えています。

問題点3:そもそもホームページがいらない

そもそもホームページが必要ない人もいます。

地方のお店なら、Googleマップにお店を登録した方が、近くで観光しているお客さんが立ち寄ってくれるかも知れません。

有名人なら、SNSを始めた方が素早くファンがつくことでしょう。

ホームページはあくまでも手段です。あなたのビジネスの目的はなんでしょう?

思考停止でとりあえずホームページを作成していませんか?

毎日の運用努力が必要です

アクセス、お問い合わせが無くお困りなら、、、

そもそもホームページが必要なのか?ホームページを持つことが最も効果的な手段であるか考えましょう。

ホームページを活用していくならば、自分主体で毎日更新すること。ユーザに価値を届けるコンテンツを提供しましょう。