1. Web-Knight[ウェブナイト]トップ
  2. サイト運営
  3. わかりにくいと言われたら…ホームページの情報整理が必要です
サイト運営
情報整理

わかりにくいと言われたら…ホームページの情報整理が必要です

サイト運営

「ホームページが分かりにくいと言われた…」

「シンプルで分かりやすいサイトにしたい!」

本記事はそんなあなたにオススメの記事です。

コツを掴めば見違えるほど分かりやすくなりますよ!

スポンサーリンク

ホームページは情報整理で決まる

ホームページの良し悪しは情報整理で決まります。

情報整理とは、グループ分け、優先順位付け、取捨選択することです。

情報整理されたホームページはシンプルで分かりやすく、ユーザが情報を見つけやすいメリットも。

よくある失敗例は、思い付くままにアレもコレも入れることです。

ユーザは欲しい情報がどこにあるか分からず、目的の情報にたどり着けません。

情報整理する方法

ここから情報整理する方法を紹介します。

以下の手順で進めていきます。

  • 情報の洗い出し
  • グループ分け
  • 優先順位付け
  • 取捨選択

個人でパン屋さんを始める人がホームページを作成する場合を例に解説します。

情報の洗い出し

まずホームページに掲載する情報を洗い出します。

例)

  • 当店のパンの特徴
  • アクセス
  • 商品一覧
  • 新商品のお知らせ
  • 雑誌で紹介されました
  • 営業時間
  • SNS
  • 人気のパンTOP3

グループ分け

次に洗い出した情報をグループにまとめます。

例)

店舗情報

  • アクセス
  • 営業時間
  • SNS

商品情報

  • 当店のパンの特徴
  • 商品一覧
  • 人気のパンTOP3

お知らせ

  • 新商品のお知らせ
  • 雑誌で紹介されました

優先順位付け

グループ分けした情報ごとに優先順位を決めます。

観点はあなたがホームページを作成する理由です。

商品を知ってもらいたいなら、一番優先度が高いのは商品情報です。

ウェブサイトは上から表示され、ユーザがスクロールすることで下に移動します。

ページには階層があり、トップページと下層ページで分かれています。

よって、配置する情報に優劣がつくため、優先順位をつける必要があるのです。

例)トップページに配置する情報の優先度

  • 高:商品情報
  • 中:お知らせ
  • 低:店舗情報

取捨選択

画面レイアウトを考慮し、優先順位の低い情報は切り捨てましょう。

トップページから切り捨てる、またはグループごとにページを分割します。

パソコンやスマホは画面の大きさが決まっています。すべて入れることは出来ません。

情報は多ければ良い訳ではありません。ユーザが迷子になるからです。

情報を整理して断捨離する勇気を持ちましょう。

例)すべてをトップページに入れると情報が多過ぎるため、トップページから商品一覧を除外する

まとめ

ホームページは情報整理で決まります。

グループ分け、優先順位付け、取捨選択を行い、ユーザに分かりやすいホームページを提供しましょう。