1. Web-Knight[ウェブナイト]トップ
  2. SEO
  3. SEOで差をつける!プレスリリースから被リンク獲得
SEO
プレスリリース

SEOで差をつける!プレスリリースから被リンク獲得

SEO

ブログやSNS、メルマガなど色々なメディアを利用して自社サイトを知ってもらうことができますが、意外と知られていないのがプレスリリースサービズです。
その存在を知ってはいるものの、敷居が高いイメージがあるためか、なかなか頭に浮かんでこないツールのようです。
今回はそのプレスリリースについてお話しして、ざっと有名なサイトもご紹介します。

スポンサーリンク

プレスリリースは有料・無料・規模も様々

実はプレスリリースにも有料から無料、大中小規模と様々あります。検索で「プレスリリース 無料」で検索をかけてもたくさんのサービスが出てきます。

もちろん規模の大きなプレスリリースは有料であったり、審査が必要なだけにそれだけ知名度にインパクトを与えます。しかし、コスト的な面を考慮すれば無料のプレスリリースも利用する価値が十分にあります。

SEO的な面で言うと、プレスリリースに自社サービスが掲載されることで、リンクが自社サイトに向けて設置されるので、優良な被リンクを獲得できます。そして優良な被リンクは自社サイトの評価を底上げするので、検索順位も良い方向へと向かいます。
たとえ、目立った検索順位の上昇がなくても、プレスリリースからの流入も見込めるため、損は絶対にないのでオススメです。

中長期的な目線で利用を考える

また、「掲載する内容が特に無いからうちは無理だな」と言う方もいるのですが、「今すぐ掲載」を考えるのではく、3ヶ月後・半年後など中長期的な目線で新規サービスや新しい取り組みを計画し、それを開始すると同時に利用するといった方法もあります。

たとえばwebサイトのリニューアルなどもプレスリリースに掲載できる「ネタ」となるでしょう。その際はちょっとした新しいサービスも加えるとより印象に残ります。

有名なプレスリリースサイト一覧

下記に有名なプレスリリースサイトをまとめました。なかでも「プレスリリース ゼロ」は無料で申し込めるので、良ければぜひ活用してください。

プレスリリース ゼロ

http://pressrelease-zero.jp/

プレスリリース・ゼロ

ValuePress

https://www.value-press.com/

バリュープレス-valuepress

DirectPress!

http://www.directpress.jp/

ダイレクトプレス-Directpress

HARMONY press

http://news.harmony.ne.jp/

ハーモニープレス-harmonypress

その他のプレスリリースサイト

まいなびニュースhttps://news.mynavi.jp/top/notice/press
ITmediahttps://corp.itmedia.co.jp/media/pr/#zdrelease
バズフィードhttps://www.buzzfeed.com/press
フジサンケイビジネスアイhttp://www.business-i.jp/corp/inquiry.html

上記にあげたサイト以外にもまだまだ沢山ありますが、その中からビジネス合ったにプレスリリースサイトを選定してくれるサービスなどもあります。予算的に余裕があればこうしたサービスも利用してみるのも手です。

また、地域のお客様に密着型であれば、市や町のプレスリリースサイトで掲載を依頼する方向も考えられます。じっくりと考え、今後の被リンク獲得に役立ててください。