1. Web-Knight[ウェブナイト]トップ
  2. サイト運営
  3. 〜成功と失敗の境界線〜ホームページ作成の目的を明確にしよう!
サイト運営
コンパスの画像

〜成功と失敗の境界線〜ホームページ作成の目的を明確にしよう!

サイト運営

こんにちは、ゆうたまです。

今回はホームページを作成する「目的」について。

これからホームページの作成を考えている方は必読です。

スポンサーリンク

ホームページの目的を明確に

もしあなたがホームページを作成しようとしているなら、目的を明確にしましょう。

深く考えることなく、無意識に作ろうとしていませんか?

目的はこの後の作業に大きく影響します。

なぜ目的を明確にするのか

なぜ目的が必要なのでしょうか?

それはホームページはビジネスを実現する手段だからです。
目的が違えば、ホームページの魅せ方も異なります。

ビジネスによっては、ホームページが必要ないことも。
目的を明確にしないと、価値の無いものに終わってしまいます。

ホームページを作ればアクセスが集まるは幻想です。
実際にホームページを作成したけれど、お問い合わせが来ないという問題が後を絶ちません。

目的の具体例を4つ紹介します

ここで代表的な目的の例を4つ取り上げます。

実際はもう少し細かな目的だと思いますが、ここでは大まかに捉えてください。

①自己紹介する名刺がほしい

企業、店舗、個人の名刺代わりとしてホームページを作成するケース。

詳しく知りたければこのサイトを見るという位置付け。

企業概要、事業内容などを掲載します。

JAL企業サイト画像
JAL企業サイト: https://www.jal.com/ja/

②認知度を上げたい

ある店舗、商品、サービスの認知度を上げるためにホームページを作成するケース。

商品の良さを伝えたい、何かを宣伝したいという方に該当します。

期間限定、イベントものも認知度を上げることが目的ですね。

ハーゲンダッツアカデミー画像
ハーゲンダッツアカデミー: https://www.haagen-dazs.co.jp/brand/academy/

③集客したい

集客ツールとしてホームページを作成するケース。

新規の見込み客を増やしたいニーズに応えます。

情報発信、SEO対策を強化して運営していきます。

クレジットカードの読み物のサイト画像
クレジットカードの読み物: https://news.cardmics.com/

④売上を立てる

インターネットで購入してもらうためにホームページを作成するケース。

個人でお店を開きたい、ハンドメイドの商品を売りたい方に該当します。

ECサイト、ランディングページを作成します。

CUPBONオンラインショップのサイト画像
CUPBONオンラインショップ: http://cupbon.prima-shop.jp/

目的は進む方向を定めてくれる

もちろん、初めからカッチリ目的を決められません。

しかし、ある程度は目的を決めて道筋を立てなければ、進むべき方向が定まりません。

集客が目的だったのに、名刺代わりのサイトを作ってしまうケースが多いです。

また、目的が複数ある場合は優先順位をつけましょう。

優先順位によってサイトの魅せ方が変わってきます。

まとめ:みんな目的は似ている

繰り返しますが、ホームページを作成する前には、目的を明確にしましょう!

ほとんどの場合は「認知させて、集客して、売上を上げたい」という要求を持っています。

ちなみにこのサイトの目的も、集客からのお問い合わせを増やすことです。

あなたのホームページによるビジネスの成功をお祈りしております。