1. Web-Knight[ウェブナイト]トップ
  2. UI/UX・デザイン
  3. 古いホームページをスマホ対応させる3つの方法
UI/UX・デザイン

古いホームページをスマホ対応させる3つの方法

「自分の持ってるホームページが古くてスマホ対応されていない」
「スマホ対応した方がいいのかな?そのままじゃダメなの?」
こんな疑問を持つ事業者向けの記事になります。

スポンサーリンク

スマホ対応は必要なのか

結論から述べると、スマホ対応すべきです。
スマホ対応されていないと、Googleから評価も悪く検索順位にも影響します。
Google開発者サイトにも、レスポンシブルについて詳しく記載されています。

以下のサイトであなたのホームページを確認してみましょう。
低評価の場合は検索順位に影響しています。

また、現在多くのユーザがスマホからウェブサイトを見ています。
古いままでも「観れるからいいのでは?」と言う意見もありますが、ユーザに文字を拡大させて読ませることは不親切です。

スマホ対応させる方法は3つ

スマホ対応する方法は3つあります。

①スマホ用のホームページを作成する
②メディアクエリを設定する
③思い切ってリニューアルする

ひとつずつ見ていきます。

①スマホ用のホームページを作成する

パソコン用のホームページとは別に、スマホ用のホームページを新しく用意する方法です。

SUUMOのウェブサイトはパソコン用とスマホ用の2種類が用意されています。
SUUMO公式サイト」にアクセスしてみてください。
パソコンでアクセスした場合は、パソコン用のウェブサイト、スマホでアクセスした場合は「https://suumo.jp/sp/」に移動すると思います。

②メディアクエリを設定する

viewportを指定してレスポンシブ対応する方法です。
もともとのホームページにコンテンツがそれほどなければこの方法で十分です。

③思い切ってリニューアルする

ドメインはそのままに古いホームページは捨てて、思い切って新しいサイトにリニューアルする方法もあります。
1から作成するためコストがかりますが、最近のサイト制作サービスやワードプレスは、初めからスマホ対応されているので、利用すると良いでしょう。

どの方法が良いのか

どの方法が良い、正しいと言うのは特にありません。大手サイトですべてのパターンを見たことがあります。
強いて言えば、Googleはレスポンシブル対応されたひとつのHTMLサイトを推進しています。
これからブログを始めるなら、思い切ってリニューアルもありですね。
方法を見ての通り、個人でやるには難易度が高く、学習する時間が必要です。金額、時間などリソースと相談してスマホ対応しましょう。