1. Web-Knight[ウェブナイト]トップ
  2. CMS
  3. 小規模でも狙われるWordPressのセキュリティ対策をしよう!
CMS
セキュリティ鍵

小規模でも狙われるWordPressのセキュリティ対策をしよう!

CMS

あなたはワードプレスのセキュリティ対策をしていますか?

無料かつカスタマイズ自由であるが故に、多くの脆弱性が報告されています。ワードプレスをしっかりと理解して対策しましょう。

スポンサーリンク

セキュリティ対策をしないと…

セキュリティ対策をしないと、あなたのウェブサイトはウイルスに感染する危険性があります。ウイルスに感染するとサービスが停止し、乗っ取られて悪用されることも。

致命的なのは取得したお客様の個人情報が流出することです。こうなるとインシデント発生となり、経緯の報告、再発防止に追われることになります。サイトの信頼は無くなり、再出発後も険しい道のりです。

なぜ狙われるのか?

ワードプレスは無償で公開されているオープンソースであり、マーケットシェアが高いため、攻撃の標的になりやすいです。

またワードプレス本体ではなく、追加したプラグインにセキュリティホールが多く存在するため、狙われやすい原因となります。

セキュリティ対策の具体的

ワードプレス 、プラグインをこまめにアップデートし、最新の状態を保ちましょう。深刻な脆弱性が発見された場合、最新バージョンにセキュリティパッチが当てられます。

また、不要なプラグインは削除しましょう。セキュリティホールがあるとウイルス侵入の原因になります。

重要なデータに触らせないことも重要です。管理画面にIP制限をかけたり、設定ファイルなどの情報を見られないように対策をします。

自分は大丈夫?踏み台にされる可能性あり

自分のサイトは小規模だから大丈夫だと思われる方もいらっしゃるかも知れません。

他サイトを攻撃きる踏み台として狙われることもあります。攻撃元が特定されないように踏み台サーバを利用するためです。よって大小関係無くセキュリティ対策をすべきです。

面倒ならクラウドもあり

ワードプレスを使用するなら常に脆弱性をキャッチし、最新バージョンにアップデートする必要があります。

運用が面倒なら、WordPress.comなどのクラウドを使用するのも手です。

契約した瞬間すぐにワードプレスが使用でき、インストール不要で、アップデートも自動で行ってくれます。デメリットは費用が高いこととカスタマイズ制限があることです。

制作から運用までお任せください

本記事は以上になります。

「運用したいけどセキュリティ管理が難しそう」とお感じなら、ぜひお問い合わせください。制作後の運用も備えたサービスを提供しております。